流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 価値の伝え方
  2. 38 view

コーヒーカップは白いモノ!笑

〇17:05 地元の北九州から

私の実家は福岡県北九州市にあります。

久々の里帰りに戻ってくると
通り慣れたはずの道沿いに
幾つか知らないお店が幾つかあって

「こんなお店ができてたんだ、、」と
気になってそのお店に入ってみると、

■ 黒塗りの陶器+コーヒー

意外だと、そう思われることが

人の記憶に残る第一歩。

そう云われることもあって

AとBを足し合わせ、
新しい価値と、意外性を、、という
取り組みはよく見かけます。

ちょっとした違いでも

「おっ」と思わせるでしょう。

簡単にできるちょっとした事から

お客様に「おっ」と思わせる意外なことを。

「コーヒーカップ」と聞くと
私は「白地のカップ」を想像します。
なので「黒色のコーヒーカップ」が出てくれば
もちろん、「おっ」と言わずにいられず。

単純な私。(笑)

■ 「おっ」と思わせる一つ。

沢山の「おっ」は、要りません。

たった一つでも強い意外性があることで
それを面白いと感じる人は印象に残ります。

あなた自身にしても、
”沢山のユニーク”を提供するより
”一つのユニーク”の方が提供しやすいはずです。

ちなみに、
”提供しやすい”は
”一貫性がある”の裏返しでもありますからね?

あなたは、どんな意外性を魅せられますか?

ここまで読んでいただけた貴方に

気持ちを込めて感謝を。

価値の伝え方の最近記事

  1. 始めたその後で

  2. 一般的なことも、案外悪くない

  3. 思い出す、ということ

  4. 価値って何なん

  5. ”優先する”という価値

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。