流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 読書会
  2. 37 view

「たくましさ」に向き合うと

開催にあたり、6名の方にご参加いただきました。

読書会に初参加、という方もいらっしゃり、数ある中で私を選んでくださったこと、とても光栄でした。

 

さて今回、「たくましさ」に対してどのようなプログラムを企画するべきか、

前回の経験を踏まえて、様々なことを考えて臨みました。

 

前回は、セミナーっぽく感じてしまうことを嫌って、パワポを使用しなかったのですが

今回は積極的に使用することで、時間配分や進行も順調に進めることができ

「これは同時にお客様の満足にもつながるなー」とも気づけました。

 

それでも話したりないことが多く出て、時間が足らないことこの上なく

またお話する機会を設けられたらと思います。

 

参加していただいた皆様に、心からの感謝を込めて。

 

 

 

なお今回、読書会に使用した書籍は、下記の通りです。
==========================

「仕事に追われない仕事術」(著:マーク・フォースター)

「スタンフォード大学の自分を変える教室」(著:ケリー・マクゴニガル)

「熊の敷石」(著:堀江 敏幸)

「魔法のコンパス」(著:西野 亮廣)

「翻訳できない世界のことば」(著:エラ・フランシス・サンダース、前田 まゆみ)

「頭のいい人ほどやっている仕事の裏ルール」(著:山本 直人)

「幸せな選択、不幸な選択」(著:ポール・ドーラン)

「ザ・ストーリー」(著:ロバート・マッキー)

「Business for Punks」(著:ジェームズ・ワット)

「猫の建築家」(著:森 博嗣、画:佐久間 直人)

==========================

読書会の最近記事

  1. 「妥当」に向き合う

  2. 「誠実さ」に向き合うと②

  3. 「たくましさ」に向き合うと

  4. 保護中: 【参加者限定】読書会を終えて

  5. 退屈にさせない文章を

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。