流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 認知
  2. 2 view

「あなた」に聞いて欲しい

あなたは人が最も振り返ってしまう単語を知っていますか?
男性であれば「美女」とか「巨乳」とかの単語にパッと振り向いてしまうかもしれませんが、これ以上に敏感な単語があるんです。

 
それは相手の名前を呼ぶことなんです。

新年一発目の話題として、2015年は皆さんに

振り向かせ上手な人になって欲しいなーと思いまして(^○^)

 

まぁ、これについてあなたも経験はあると思います。

 

話の初めに名前をつけて始めると、身を乗り出して「なに?なに?」て聞いてくる人や
遠くで話していたはずなのに「呼んだ?」と敏感に反応してよってっくる人など、

記憶にないですか?
名前を呼ばれることで「他人の話」から「自分の話」にシフトし、身に置き換えて聞くようになるんですね

名前を呼ばれていない会話では、他人の話として聞き流されてしまうことも、、、

 

僕もこのサイトではよく「あなた」と言います。
ウザったいぐらい言います。
それは集中して聞いて欲しいからなんです。
そのテクニックは僕には使えないよ、と聞き逃されたくないから
伝えたい本人が目の前で読んでくれているのですから、呼びかけて下さい。

 

 

多くの人は他人を呼ぶときに「お前」とは言いません。
「⚪️⚪️さん」と固有名称で呼ぶはずです。
そっちの方が反応がいい事は経験に知っており、実践しています。
ですが、ビジネスなどでは突然に
「貴社におかれましては、、、」や
「先日、当店を訪れていただいた皆様方にお得な、、、」と言い始めます。
あれれ?わざとやってますか?
広告業界で先進国のアメリカでは固有名称で相手を呼ぶテクニックはすでに常識であり、DMの件名にすら書いて送っていました。
(これはある理由により衰退しましたが、、、)
それほどまでに、相手を引き込む事は重要なんです。
あなたがどんなに相手にとって価値あるものを提案しても、聞いてくれなきゃアウトです。
あなたは既に名前で呼ぶことの反応の良さは体験しいると思います。
ですが、もう一度だけ誰かを名前で呼んでみてください。
そして確信してください。
「あ、この人はいま私の話を聞いてくれてる、」と

そうすれば次の日からあなたは不特定多数に呼びかけることの不効率さに嫌気がさし、より特定した呼び方で呼びかけないと仕方がないと思ってしまうはずです。

 

聞いてくれて!
あなたに、目と鼻の先にいる鈴木さんのために、いま話しているんだ‼︎

矢野将太
P.S.

マーケティングについて詳しく勉強をしてみたいと思うのであれば、この本を買ってみることをおすすめします。

WEB以外についても参考になるビジネス書で、難しい言葉は一切使われていませんのですぐに読めます。(むしろ砕けすぎな口調で喋られるから・・・笑)

 

インターネットマーケティング最強の戦略(著者:小川忠洋)

http://directlink.jp/tracking/af/1341702/Dd3TO7iI/

 

最新記事:http://wp.me/5vVEl

Welcomeページ:http://wp.me/P5vVEl-d

自己紹介:http://wp.me/P5vVEl-s

認知の最近記事

  1. 思い出す、ということ

  2. 『灯台下暗し』注意報

  3. 衝撃を語ろう

  4. あなたは今、楽しいか?

  5. 信用される資格

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。