流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 認知
  2. 62 view

衝撃を語ろう

〇20:15 夕食代わりのコーヒーとともに

今日、久々に読み返した本から学びがあったので

この場を借りてあなたにシェアしたいと思います。

■「数学は大人になって、役に立つの?」

あなたは、この言葉を使って親を困らせた経験がないだろうか?

もしくは「必要ない、必要ない」と言いながら

学校からの帰り道を友達と一緒に帰った経験などはないか?

 

・お金の管理ができるようになる。

・いい大学に行きたいなら、勉強するべき。

・隣の家の○○ちゃんだってやっているんだから、やらないと。

などなど

 

こう言われてあなたは、渋々ながら机に向かっていたのではないだろうか。

さぁ、大人になったあなたは、納得させられる文句を思いついただろうか?

■衝撃を残す文句

語り始めはこうだ。

======================

一生必要ないさ。

これから先、君たちが代数を使うことはないだろう。

======================

 

あなた自身が、問いかけた人よりも否定してしまう。

そうするとどうだろうか?

「え?そんなもんなの?私は考えすぎた?」

そう思わせることができる。

でも、ここで話を終えてはいけない。

 

======================

ウェイトリフティングするのは、

路上で誰かに殴り倒されて、胸にバーベルを乗せられたときに備えるためではない。

孫を抱きよせても翌日筋肉痛にならないようにするためだ。

 

君たちが数学の問題を解くのも、

論理的な思考力を高めて、良い弁護士や建築家や親になるためだ。

 

数学は頭脳の筋肉トレーニングだ。

ほとんどの人にとって、数学は何らかの目的を達成するための手段であって目的ではない。

======================

 

私は、この話から2つをあなたに伝えたい。

1. この話に納得できるなら、ほかの人に話そう。

2. あなたが伝えたいことがあるなら、伝え方を試行錯誤しよう。

 

あなたが話す話題の原稿は用意した。

あとは、あなたが口を開き、言葉して話すだけ。

 

試しに話してみれば、聞く人の反応が「え?」という驚愕となり

「なるほど」と表情が変換する様子にとても驚くことだろう。

 

まさに、先ほどのあなたのように。

この変化をぜひ楽しんでもらいたい。

 

そして最後に、ちょっと考えて欲しいことは、

” この話は、もっとつまらなく話すこともできる ”

ということ。

これが語り方のチカラだ。

 

あなたにも語りたいこと、伝えたいことがあるなら、伝え方を試行錯誤してほしい。

 

今日もここまで読んでくれた貴方に、最大の愛をこめて。

認知の最近記事

  1. 思い出す、ということ

  2. 『灯台下暗し』注意報

  3. 衝撃を語ろう

  4. あなたは今、楽しいか?

  5. 信用される資格

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。