流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 認知
  2. 6 view

2つの購入理由

〇14:30 大宮駅より

いつものお店。
いつもの通り道。
いつものスタジオ。

いつの間にか、習慣の様に繰り返すようになったこと。あなたは持ってますか?
私は、大人になってから始めた習い事があるので、この気持ちが分かります。

 

例えば、子どもが習い事を始めた。
例えば、住処を引っ越した。
例えば、いつもいく美容室を変えた。
例えば、ちょっとした心変わりかも。

 

何かの理由があって、あなたは習慣を変えたのだと思います。
その本当の理由は、何でしょうか?

 

それがもし” やりたいことが出来たから、、、 ”

もしくは” 新しい事を始めたいかど、、、 ”などであれば、今日はあなたの役に立つかもしれません。

■モノを買うのに必要な2つの理由

あなたは、この二つが思いつきますか?

ある心理学者による答えは、下記の通り。

1、本当の理由

2、奥さんに説明するための理由

 

身の回りの生活が、もっと楽になる!、毎日が面白くなる!、人からカッコイイて思われたい!、恋人から、センス良いねと言われたい!

そんな思いがあって、人はモノを購入をします。これが1番目の” 本当の理由 ”です。

 

ですが、そこで立ちはだかるのは奥さん(もしくは夫さん)

「また同じようなモノを買ってきて!」と、奥さんから言われた経験が、
あなたはありませんか?

 

仮に、あなたが革靴を買ってきたとしましょう。

「いや違うんだ!この前買ったものはプライベート用で、ビジネス上の恰好を考えると、このぐらいのグレードのモノを持つとお客さんからの信用も、、、、(だらだら)」そんな言い訳をている光景が、簡単に思い浮かびます。

 

本当の理由だけじゃ、奥さんの壁は越るのは難しい。これをクリアするために必要な理由が、2番目の” 奥さんに説明するための理由 ”です。

■お店は、お客さんの味方

お客さんの生活が、どんなに良くなるか。また、楽しいものになるか。
それを全力で演出するのが、サービスであり、商品です。

そうであれば、あなたは、お客さんの生活が”より良く”なるために、お客さんの奥さんを説得することを考えてみてはどうでしょうか?

 

この理由提供ですが、実はあまりされていません(笑)

いろいろなものが、購入の理由に困っています。

 

おしゃれなメガネを見つけた。少し釣り上がった形をした、線の細い素敵なメガネ。
でも、今使っているメガネがあるから、買ったらだめだと言われた、、、、、

ほら!!

2番目の理由を満たせないために、お客さんは購入を断念してしまいます。

 

あなたは、お客さんと一緒に” 奥さんに説明するための理由 ”を探していますか?

認知の最近記事

  1. 思い出す、ということ

  2. 『灯台下暗し』注意報

  3. 衝撃を語ろう

  4. あなたは今、楽しいか?

  5. 信用される資格

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。