流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 思考
  2. 13 view

誰に向けて話してる?

〇神田のいつものカフェより

私が提供しているセールスレターや、ダイレクトメールでは、見込み客に送る前に、必ず顧客にお願いをしていることがあります。
今日は、そのことについて、お話します。

ひと手間かけて付け加えるだけで、反応率に効果が表れ、しかも、顧客に信用してもらえるようにする要素です。

特別なことではなくて、当たり前のちょっとしたこと。

 

■手紙に一言添えて

あなたは年賀状を送る際に、PCソフトで大量に印刷する人ですか?
近年では、年賀状の裏面をデザインして大量に印刷を行い、一言添えて送る人が多くなったように思うのですが、あなたはどうでしょうか?
このような年賀状を送った経験が無くても、1枚は貰ったことがあると思います。

 

なぜ、このような話をしたか。
それは、”印刷後、一言添えずに送った年賀状”を想像して欲しいからです。

 

・横並びなデザインでは、お世話になったあの人に”手抜きと”思われてしまうから、

・大量印刷の一枚じゃ、私が相手を思っていないようにも見えるから、、

・ちょっとした時に、その人とだけ通じる、ちょっとした冗談も加えたいから、、、

 

あなたが、年賀状に一言添える理由はどうでしょうか?
一言添えただけで、あなたが相手を思っていることが伝わるのであれば、お世話になった人のために、ちょっとした手間を惜しむ理由は無いはずです。

 

■あなたが送る手紙の全てに、

”年賀状に一言添える”
このことに賛同してもらえるのであれば、セールスレターやダイレクトメールにも、あなたからの一言添えて欲しいのです。
例えば、「セールスレターの末に、あなたの署名を入れる」ようなことでも構いません。

ここで大切なことは『誰が読み手を待っているか』です。

 

あなたが、読み手(見込み客)を待っています。

あなたのスタッフが、読み手(見込み客)を心待ちにして、店舗の入口で待っています。

あなたが提供する商品が、読み手(見込み客)を幸せに近づけるチャンスを待っています。

 

すべて明朝体(wordなどで用いられる字体の一つ)で書かれた文章では、機械的に作成されたように感じられてしまいます。誰が文章を作っても、同じ文字が並ぶのですから、大量印刷の一枚やと思われて終わりです。そのため、レターの向こう側に誰が立っているのか分からなくなります。

例え、レターの向こう側で、あなたが仁王立ちしていたとしても、です。

 

あなたが、レターの向こうに存在していること、
あなたが、読み手を待っていること、

 

あなたの体温を出して、ちゃんと伝えてください。
私からのお願いです。

 

あなたの体温が、お客さんに届くことを祈って。

思考の最近記事

  1. 始めたその後で

  2. 一般的なことも、案外悪くない

  3. 価値って何なん

  4. ”好き”で作る

  5. 衝撃を語ろう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。