流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 認知
  2. 2 view

疑われてなんぼ

作ったら、作った分だけ売れていく。
それがいい商品であれば、なおさらだ。

 

そんな理想を見てませんか?

 

実際には
大量の在庫を抱えているお店はあります。
広告を出しても反応が変わらないこともあります。
メリットに気づいてもらえないこともあります。

理想を掲げるのであれば、
理想の状況に近づく努力が必要です。

あなたは夢見がちな少女に
なってはいませんか?

 

新しい商品を開発した際に
特にリサーチするべき項目があります。
それは
『業界の一般常識は何か?』です。

テレビやインターネットの普及で
情報に溺れるようになった現代では
潜在的な固定観念を形成しやすく、
調べることも容易であるため、
『常識』と比較しやすくなっています。

そのために、
この常識とかけ離れたことを提唱しても
周囲の理解を得ることは難しいです。

 

以前、画期的なダイエット法として
特殊な呼吸法を提唱していました。
その際にも、多くの人が当初は
その呼吸法に対して疑っていたことを
あなたも覚えていませんか?

「え~ほんとに痩せれるのかな、、」と
思った覚えはありませんか?

これは通説として、
ダイエットを成功させるために
カロリーを気にする食事の必要性が
云われているため、強く疑われた例です。

 

もし、あなたが新しい商品や知識を
必要とするお客さんに提供するのであれば
その価値を知らせる努力が必要です。

なぜ、その商品が欲求を満たすのか。
なぜ、これまでとは違うのか。
なぜ、あなたを安心させることができるのか。

多くの人が信じる常識を反するのですから
あなたは全ての疑問に答えることが必要です。

 

僕は、常識は常に正しいと思っていません。
多数派の意見であって、
ど真ん中の正解ではないはずです。

ですが、多数派の意見に対して
僕らは見過ごすことは出来ないため
どのようにその常識と付き合うのか、が
非常に大切なポイントになると考えています。

 

あなたはどのようにお考えでしょうか。

 

常識は無視して、商品を作り続けますか?
それとも、欲求を満たす理由を明確に伝える努力をしますか?

 

矢野将太

P.S.
今回の内容を読んで、今後も気になるようでしたらtwitterやFacebookでフォローして下さいね。
その1クリックが僕のやる気に直結します(^O^)

P.S.2
30ドルのTシャツは高すぎると感じるのに、29.99ドルなら気にならない。

そんな消費者心理を研究した結果が余すところなくこの一冊に。
http://directlink.jp/tracking/af/1341891/8gv9NwHQ/

認知の最近記事

  1. 思い出す、ということ

  2. 『灯台下暗し』注意報

  3. 衝撃を語ろう

  4. あなたは今、楽しいか?

  5. 信用される資格

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。