流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 認知
  2. 2 view

3倍の費用をかけて

”初めて”の敷居の高さについて
あなたはどのようにお考えでしょう?

“初めて行く”お店と
“先月訪れたことのある”お店
この差には3倍の差があるようです。

 

最初の接触が困難であれば、
確かに格式を高く見せることや
一度入った後の優越感といった
お客さんの立場を上げることもできます。

ですが、その様な思惑がなく
単に敷居が高いというのは
マイナスの要素にしかなりません。

あなたのお店はどうでしょう?||+゚)

 

DMをもらったり、広告を見たりして
関心は高まっている。
なのに、どういう訳か
直接電話をかける気にはならない。

そんなことはよくある心理です。

僕を含めて、現代の人たちは
便利に慣れすぎました。
そして日常生活において
急を要することはほとんどないため、
もし期日を前にしてもWEBなどで
簡単に解決することができます。

つまり、
後回しにしても大きな影響がないと
現代人は知ってしまったのです。

そして後回しの結果、
あなたの出した広告は忘れられます。
=お客さんは来店してもらえません。

より具体的に表すと、通説として
既存客のリピートと、新規客の獲得では
広告を出して呼びかけるとすると
その効果には3倍の差あると言われています。

この3倍の差のなかに
“後回し”の心理が働いているわけです。

 

接触難易度の低下は
後回しを減らすことに有効です。

・連絡先が分かりにくい。
・今アポを取る必要性が無い。
・自分に似合うお店か分からない。
などなど

もしあなたのお店が意味もなく
敷居を高くしているようであれば
それを改善する手を探してみてください。

もっと行きやすいお店づくりを

 

矢野将太
P.S.
今回の内容を読んで、今後も気になるようでしたらtwitterやFacebookでフォローして下さいね。
その1クリックが僕のやる気に直結します(^O^)

P.S.2
そもそも、広告の目的は人に行動させることです。
行動させるための101の法則について
あなたはどこまで理解しているでしょうか?
http://directlink.jp/tracking/af/1341891/OhCZrcqd/

最新記事:http://wp.me/5vVEl

Welcome:http://wp.me/P5vVEl-d

Profile:http://wp.me/P5vVEl-s

認知の最近記事

  1. 思い出す、ということ

  2. 『灯台下暗し』注意報

  3. 衝撃を語ろう

  4. あなたは今、楽しいか?

  5. 信用される資格

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。