流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 価値の伝え方
  2. 2 view

あなたが体験する

—————————————-
人の気持ちは
その人と同じ経験をしてみならなければ分からない
—————————————-

誰が言った格言かについては
残念ながら把握していませんが
的を得ているように思います。

「知ったフリ」というのを
これまで何度かやった経験がありますが
絶対に誰かしらにバレてしまうんです。

正直、僕も見栄を張って
指摘されてしまうことがありました(^^;

ロッククライミングを経験したことないのに
あたかも「ここの筋肉が一番重要でさ」と
想像で語ってしまったのは恥ずかしい思い出です。

あなたはどうでしょうか?
ちょっと見栄を張った経験は?

この経験が何に繋がるかというと
『経験者に共感できない』という事実です。

例えば
僕は男性なので
ブラジャーの付け方を知りません。

生花も習ったことがないため
より魅力的に見せるテクニックも知りません。

しかしながら、
僕の母親がある手術を受けた際に
それに付き添い、医師から長い説明を聞き、
さらに一人で詳しく調べた経験が有るため
普通の人よりその病気を喋れると思います。
(その手術は無事に成功しました。
ありがたや~ありがたや~)

あんたがこれまでにしてきた経験は
どのようなものだったでしょうか?

僕はあなたに対して
このような勘違いして欲しくありません。
——————————–
・文章は家に閉じこもっていればいつか完成する
・店を開けていればいつかお客はやってくる
・続けていればお客は口コミで増えていく
——————————–
そんなことはありません。
都合よく上手くいくことはありません。

お客さんにとって、
・何故、あなたのお店に来たくなるのか
・何故、あなたの書く文章には説得力があるのか
・何故、あなたの感性がこんなに理解しやすいのか

この「何故」の答えは
あなたも同じ経験をして
同じような悩みや、不都合を
実感しているからこそ解決できます。

外に出て経験すること。
それが何よりもの近道です.

矢野将太

価値の伝え方の最近記事

  1. 始めたその後で

  2. 一般的なことも、案外悪くない

  3. 思い出す、ということ

  4. 価値って何なん

  5. ”優先する”という価値

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。