流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 価値の伝え方
  2. 2 view

飽きる=もう会えない

既存のお客さんのリピートを増やすことは最も簡単な戦略ですが
ではリピートが増えたあとはどうしていますか?

・既存の商品をずっと売り続けている。
・代わり映えしない店内に、来てくれ!て声かけしている。

既存客というのはあなたのお店に対して
ある程度の理解を持っているはずですよね?

であれば、いつまでもそんなことしていていいんですか?

 

あなたの情報がいつまでも更新されないのであれば
お客さんは慣れきちゃっているって!
新鮮味がまったく感じれなくなっているって!!

 

代わり映えしない店内、
近くに似たようなお店が出てきてしまえば
「ちょっと覗いてみようかな~」て
既存のお客さんはそっちに流れてしまうかもしれません。

リピート率の高いお客さんというのは
その商品のカテゴリに対して高い関心を持っています。
であれば新しいものや、珍しいものに対して興味をもち
近くの競合店にも顔を出しやすいです。

「ちょっと覗いてみようかな~」と一回きりのつもりでも
そこで“あなたのお客さん”の欲求が満たされてしまえば、
その既存客はもうあなたのお店にはリピートしてくれなくなります。

そんなの、悲しくないですか?

 

カナダの作家に、ツーフィット(Tsufit)という方がいます。
彼女は元やり手の弁護士であり女優でも、歌手、コメディアンでもあって、その全てで大きく成功している女性です。

その人の言葉をここであなたにシェアしたいのですが、
ショービジネスから学べる“3つのD”についてです。

 

1、Don’t bore them.(飽きさせないこと)
2、Don’t bore them.(飽きさせないこと)
3、Don’t bore them.(飽きさせないこと)

 

まぁ三つとも同じなんですが、
それだけ物凄く大事だということです。

 

飽きたらもう来てくれないんですよ?
もう一度お店に足を運んでくれさえすれば!って思っても
すでに飽きていれば、それは手遅れになっているかもしれません。

 

毎日とは言いません。
ですがあなたのお店にも変化をさせることは必要です。

 

商品の改善でも、

季節的なイベントに参加することでも、

使い方のセミナー開催でも、

 

なにかお客さんを飽きさせない工夫をしてください。

 

矢野将太

P.S.
既知のことですがmailの普及は凄まじいものです
最近ではyoutubeが凄いことになっていますね、、、

ザ・ローンチ。
こんなデジタルな時代だからこそ、できる売り方もあります。
http://directlink.jp/tracking/af/1341891/3vXxo39Z/

 

最新記事:http://wp.me/5vVEl

Welcome:http://wp.me/P5vVEl-d

Profile:http://wp.me/P5vVEl-s

価値の伝え方の最近記事

  1. 始めたその後で

  2. 一般的なことも、案外悪くない

  3. 思い出す、ということ

  4. 価値って何なん

  5. ”優先する”という価値

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。