流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 思考
  2. 34 view

価値って何なん

〇12:54 自室にて

先日、知り合いを誘って
ご飯に行こうとした際の話です。

知り合いに話を持ち掛けると
「その日はイベントに行きたいから」と
あっけなく断られてしまいました。

私、残念。

気になって、どんなイベントなのか
本人に聞いてみたのですが、、
私には、全く面白味が分からないという、、、

思わず
「えっと、、」と詰まった返事。

ひどい言い方をすると
「家で寝ていた方がいいのでは?」と
思ってしまうほどでした。

でも、その知り合いにとっては
行く価値があるとのこと。

つくづく、人と自分は違うと
思わされる一場面でした。

あなたにもそんな経験はありませんか?

「何でそんなテンション上がってるの?」と

思っちゃうそんな瞬間。

■価値とは

冒頭に書いた通り
イベントの一つとっても

ある人にはウケて、

ある人にはウケない、

なんて事が
日常的に起きます。
あなたも身に覚えがあると思います。

でも同時に、
「似た価値観の人が集まる」
という事も日常的に起きます。

「じゃあ、価値って何なん?」

とあなたは思いませんか?

例えば、

「100%ウケることではなくて
世間に二分される考え方」

というのはどうでしょう?

反対する人(ウケない人)がいるから
価値が生まれる、という具合です。

■価値を共感させる

さて、提供側にとって

「お店に来てほしい!」
「手に取って、いいねして欲しい!」

という様に、お店に対する興味を
お客様に持ってもらいたい場合には

興味を持つような価値観を
お客様が持っていることが必要になります。

でもそれは、
共感してもらえるような価値を
提供する側が持っていることが
前提で必要となってきます。

ということは、

共感しやすい価値であれば
多くの人に商品を見てもらえ

良く分からない価値であれば
見過ごされやすくなる。

ということになります。

■商品「シャワーヘッド」の価値

「これはシャワーヘッドです。
○○円です。是非皆さんお手に取って!」

こんな呼びかけに対して
あなたは気を惹かれるでしょうか?

「シャワーヘッド?家にあるし、、」と

わざわざ買い替える必要性も
感じないのではないでしょうか。

私は感じませんので買いません。

うん。

でもですよ?

「1分あたり、○○ℓの節水になります」

「水の勢いが優しくなるので

幼児にも安心して掛けられます」

「3段階で出方を調整できるので

自分に合ったシャワーが浴びれます」

こんな文句が付いていればどうでしょうか?
先ほどよりも興味が引かれませんか?

どうでしょう。

伝え方一つで価値が変わります。

あなたの商品はどうでしょうか?

今日も読んでいただいてありがとうございます。

思考の最近記事

  1. 始めたその後で

  2. 一般的なことも、案外悪くない

  3. 価値って何なん

  4. ”好き”で作る

  5. 衝撃を語ろう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。