流れる価値を、もっと強く、最大限に

  1. 思考
  2. 217 view

”好き”で作る

〇19:59 ファーストチェーン店で長居しながら

wifiを探して歩きまわると
意外な場所でwifi環境を見つけられました。

こういうちょっとした事で
「おっ! ラッキー」と思えるので、

「僕って楽しい性格しているんだな~」と
しみじみ感じるわけです。

ちょっとしたことから
幸せを拾っていきましょう。

■表現することの意味

先日、東京ビックサイトにて
デザインフェスタが開催されていました。

ほとんどの出展者が
個人もしくはサークルで商品を製作して
それを販売してる会なのですが

後から調べてみた話、
来場者数が6万人とのこと。

ま、あれだけ独特なものを売ってたらな~て
納得の気持ちもありますが
すごい人数なので素直に驚きです。

そして、何よりも出展者の数。

”好きで作っちゃった”人が多すぎです。

それが面白い。

好きで作っちゃって
それを誰かに見てほしくて
誰かに好きで使ってもらいたくて

だからこの場で売る。

その姿が面白い。

私もいくつか衝動買いしてしまいました。

■出展者がマーケティングを学んだら、、

私が展示を巡っていて
ちょっと気になったことがありました。

ほぼ全ての出展者が名刺を置いてますが
名刺に、次のステップが書かれていないことです。

これでは折角名刺をもらっても、
家で捨てられて、はい終了です。

どこで販売しているのか、
メルマガやブログはやっているのか、
メルマガ登録したら何かもらえるか、

登録してもらったその後どうする?
という問題はありますが

折角購入していただいたお客さんと
一期一会の機会となっていいのか、、

考えればできることはあると思います。

例えば、
LINEの友達登録で、スタンププレゼント
よく企業さんがやられていることですが
これは個人レベルでもできることです。

そうすることでお客さんも
新商品の情報を得ることができますし
また購入してくれるかもしれません。

効果はあると思うのですが、どうでしょうか?

マーケティングを実践しない作り手
上から目線で申し訳ないですが、残念でした。

この気持ちを忘れず、
私はもっと手を広げていきたいと思います。

今日も読んでいただいてありがとうございます。

思考の最近記事

  1. 始めたその後で

  2. 一般的なことも、案外悪くない

  3. 価値って何なん

  4. ”好き”で作る

  5. 衝撃を語ろう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。